スポンサーサイトIt was 40 years ago today

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-08 / ビートルズ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-13

20120812.jpg
(AR-4016 値段は600円)

数日前にふと気がついたのだが、私がビートルズの音楽に出会ったのは今からちょうど40年前のお盆であった。
当時はお正月とお盆には必ず母と妹と一緒に母親の実家に帰省していたが、私が中学1年生のお盆に行った時に3つ年上のいとこの部屋にはステレオがあった。いとこが高校入学祝いに買ってもらったものだったが、そこにあった10枚ほどのレコードの中にビートルズが1枚あった。

20120813.jpg
(ビートルズ初心者にはこれだけの解説でも嬉しかった)

20120812a.jpg
(この歌詞カードを見ながら一緒に歌ったものだが、やはり難しくて思うようには歌えなかった)

20120812s_20120812174434.jpg
(印刷技術のことは知らないが、文字部分が微妙に凹凸のある歌詞カードは独特の雰囲気があって好きだった)

ステレオ・セットが東芝の「ICボストン」だったから電気屋さんがオマケに付けてくれたものだったのかもしれないが、そのレコードを聴いた時にはものすごい衝撃を受けた事を思い出す。その日は何度も何度もレコードを繰り返して聴いていた。
「ア・ハード・デイズ・ナイト」はもちろんのこと「恋する二人」、「プリーズ・ミスター・ポストマン」というノリノリの3曲にまさにノックアウトされっぱなしだったが、対して「アンド・アイ・ラヴ・ハー」は中1の坊主にはちょっと甘すぎて、この曲だけは聴かない事が多かった。

20120812t.jpg
(薄いビニールに入っているが、これも出し入れの時の感覚がなんともいえず好きだったなあ)

20120812u2.jpg
(初めて見たアップルということで個人的にはこのアップルのデザイン、色調が一番好きだった)

20120812v.jpg
(このレーベルもB面は半分に切ったリンゴだなんてうまく考えたものだなあ、と感心しながら眺めていた)

翌日、自宅に帰った私はさっそくレコ-ドを買いに行きたいところだったが、なにぶん田舎住まいのため、レコード店まで15キロほどの距離があってクラブ活動もやっていたので、なかなか買いに行くことができなかったが、1ヶ月ほどしてやっと買えたときは最高に嬉しかったものである。
もちろん学校から帰ってくると毎日飽きずに延々と聴き続けていたが、最終的にトータルで聴いた回数は千回とは言わないが、おそらく4、5百回は聴いたのではないだろうか。
中学生という勉強の大事な時期にビートルズばかり聴いていてろくに勉強しなかったのは私の人生においてちょっぴりマイナスだったとは思っているが、それよりもビートルズを知らずに過ごしてきた方がもっとつまらなくてマイナスな人生だったのではないだろうと勝手に解釈しているが、ここまで来たらこの先もビートルズをとことん楽しんで行けることを願っている。


以下は、初版盤、再発盤を紹介
20120812w.jpg
OR-4016 オデオン・レーベルとして最初に出たもの 値段は500円
中学生の時の小遣いは1ヶ月1000円でした。

20120812x.jpg
写真で見るとこのデザインもなかなかいい感じだが、実物を見るといまひとつかなあ。

20120812z1.jpg
AP-4016 会社名が東芝EMIに変更、値段も700円に値上げされた。
このジャケット写真は30年近くずっと白黒で見てきたが、10年ほど前に初めてカラー写真を見た時は感動した覚えがある。

20120812z3.jpg
上記と同じ盤だが、印刷の関係か左上の青の色調が異なる
(新品のため出荷時のビニールに入れたまま撮影)

20120812z4.jpg
EAS-30002
EMIオデオン・レーベルに変更、値段はいっきに900円まで値上げされた。

このレコードの発売時期は覚えていないが80年代前半ではなかっただろうか?
この頃はリアル・タイムで買っていないし、すでにCD時代となった時期でもあったのでレコード店の店頭にも並んでいなかった。単なる値上げだと思っていたらレーベル・デザインも変更されていたので、ずいぶん後になってから中古で入手した。

20120812z5.jpg
基本的なレイアウトは変更されていない。
ナガオカの宣伝が印刷されている。

20120812z6.jpg
個人的にはまったく面白みの無いEMIオデオン。ロゴのレーベル。

最後に、私がビートルズに興味を持つきっかけとなったいとこは21歳の時に川の事故で亡くなり、このレコードを入手した理由を聞くこともできなかったが、毎年、お盆になると中学1年生の夏休み、いとこの部屋で何度も何度もこのレコードを聴いていた日を思い出すのである。

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/593-2e30216a

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
2枚目(40年前の思い出)
<< old
DVD「ザ・ビートルズ・イン・アメリカ」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。