スポンサーサイト「ビートレグ」誌 VOL.146号

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-08 / リンゴ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-29

Pict0034.jpg

「ビートレグ」誌の最新号であるVOL.146号はリンゴの大特集が組まれている。

特集記事の冒頭部分には、およそ次のように書かれている。
「ビートルズ以降の彼の音楽キャリアとなると、まともな音楽評論誌に取り上げられることはまずない。世界中の様々なメディアがジョン、ポール、ジョージの特集を組むことはあってもリンゴの特集は見たことがない。ポールのライヴには足を運んでも、リンゴのオールスター・バンドは観に行かないビートルズファンだって多い。」

残念ながら、ソロになってからのリンゴに対する評価やビートルズファンの受け止め方としては間違いないところだと思う。それでも、「ビートレグ」誌がリンゴに対してこれだけの特集を組んでくれたことは大変嬉しいし、私もこれだけの詳細で本格的な特集は初めて目にする(記事のほとんどは南陽一郎さんが執筆されている)

オールスター・バンドの変遷、1977年のリンゴのインタビュー(これがなかなか興味深い)、リンゴのドラミングの特徴などなど、写真ページも含めて約80ページの記事は読み応えあり。リンゴ・ファンなら必携の1冊としてぜひ読んでもらいたいし、それほどリンゴには興味ないという人も、これを読んでリンゴのアルバムを聴いていただけたら嬉しいなあ。

どれか1枚といえば「リンゴ」がお勧めだけど、リンゴ自身は「グッドナイト・ウィーン」が好きだと言っているので、余裕のある人はこちらも合わせて聴きましょう。さらに聴いてみたい人には「タイム・テイクス・タイム」を!
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/596-99e69634

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
CD「ジ・アンソロジー・・・ソー・ファー」
<< old
DVD 「ザ・ビートルズ/レッド・アルバム 1962-1966」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。