「ウイングス・オーバー・アメリカ」(第1回)

Home > 2013-05 / ポール > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2013-05-24

201305240001b_20130524174745.jpg
「ウイングス・オーバー・アメリカ」を特集した雑誌が出たので内容を確認してから2冊買った。
今回のブログ記事は、過去にリリースされたCDとレコードから、この2誌に掲載されなかったものを少し紹介したい。
なお、「ストレンジデイズ」は少々物足りなく感じたので買わなかった。

20130522a.jpg
(アメリカ盤ロング・ボックス)

ということで、まずはアメリカ盤ロング・ボックス。
このロング・ボックスはアメリカ仕様のデザインが採用されているが、中身のCD本体はイギリス仕様のデザインになっている。
発売当時、私が買った値段は4150円。

20130522b_20130524085348.jpg
(ロング・ボックスの裏)

アナログ・ジャケット内側のイラストをうまく利用している。
こういったデザイン面での一工夫がロング・ボックスの魅力だった。

20130522d_20130523221304.jpg
(上の写真はアメリカ盤のレコード・ジャケットの上にロング・ボックスを置いて撮影したもの。)

ロング・ボックスのデザインはアナログ盤の右端部分を使用しているのが分かる。

この写真で下に置いてあるアメリカ盤レコードは中古で入手したものだが、ジャケットのデザインはイギリス盤と同じなので、おそらく再発された時にイギリス仕様に変更されたと思われる。
重ねて上に置いたロング・ボックスのデザインはアメリカ盤初版仕様のデザインが採用されているが、中身のCDジャケットはイギリス仕様のデザイン。

続いてロング・ボックスの中に入っていたCD
20130522zz0001b_20130524085802.jpg
(中身のCDはイギリス仕様のデザインで2枚のプラ・ケースに収納されている。)
左CD1、右CD2 2枚とも同じジャケット・デザインだが1枚目がブックレットになっている。

20130522zz0002b_20130524085834.jpg
(左CD1,右CD2の裏面。バーコードは入っていない。)


再発アメリカ盤CD

20130522zz0003.jpg
ロング・ボックス廃止後、通常の2枚組みCDケースに変更されて発売されたもの。
ブックレットに変更は無い(一部、CD番号のクレジットが異なるのみ)
値段は3500円だった。

20130522zz0004b.jpg
(再発CDの裏面)
レーベル面のデザインは初版と同じ。


今回はアメリカ盤のみの紹介でした。
残りは数枚だけですが次回ということで。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/612-55f88696

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
「ウイングス・オーバー・アメリカ」(第2回)
<< old
CD「トップ・オブ・ザ・モーニング」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する