「ウイングス・オーバー・アメリカ」(第2回)

Home > 2013-05 / ポール > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2013-05-27

前回に続いて今回は日本盤CDを紹介。

20130522zz0005b.jpg
日本盤のLPレコード(アナログ)はアメリカ盤と同じデザインを採用していたが、CDの方はイギリス仕様のデザインとなっている。
ジャケットのイラストは、アメリカ盤CDと比べるとトリミングでかなり大きく拡大されている。
(最後に紹介する紙ジャケと比較すると分かりやすい)

発売当初の値段は5600円だったが、私が買ったものは消費税導入後のものなので5263円。


20130522zz0006b.jpg
(初版の裏面)
初版の解説は立川直樹さん。



20130522zz0007b.jpg
(ミッドプライス)
90年12月10日には値段が下がって帯には「ミッドプライス」という文字が入り4300円となった。
解説は猪俣憲司さん、根木正孝さん。
レーベル・デザインは初版とほとんど同じ。

20130522zz0008b.jpg
(裏面)




99年10月27日、日本のみ紙ジャケで限定発売されたが、CD3枚組みとなってレコードと同じ構成になっている。

20130522zz0009b.jpg
(日本限定紙ジャケット盤)
帯は映画公開に合わせて「ROCK SHOW」に変更されたものが再現されているが、個人的には初版の帯を再現してほしかった。
解説は「ザ・ビートルズ・クラブ」(北野知行さんと淡嶋美和子さん)。


20130522zx0001b.jpg
(裏面)

なお、アナログ時代からこのCDまで、日本盤では「ソイリー」の歌詞・対訳は掲載されていない。

※「SOILYに関しては正確な歌詞の抽出が音の状況により難しいため歌詞を省いてあります。」という断り書きがある。





たしか、この「紙ジャケ・シリーズ」はその後、1回だけ再発(というか再プレス)されたような記憶があるが、それでも過去10年近く入手が難しい時代が続いていたことになる。

次回も続きを(・・・少しだけですが)
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/613-5602fb74

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
「ウイングス・オーバー・アメリカ」(第3回)
<< old
「ウイングス・オーバー・アメリカ」(第1回)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する