CD「ライヴ・イン・ジャパン」

Home > 2013-11 / ジョージ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2013-11-29

201311290001.jpg
(92年7月16日発売の初版 3900円)

2001年、ジョージが亡くなってから早くも12年が経ってしまった。

先日のポールのライヴ前に大阪城公園を散策した時は
大阪城ホールでのジョージのライヴを思い出しながら時を過ごしたが
今日は久しぶりにジョージの「ライヴ・イン・ジャパン」を聴いて
22年前にタイムスリップしてみた。



201311290002.jpg
(97年5月25日発売の再発盤 3568円)
(ケースは初版の2CD仕様から1CDサイズのスリム・タイプに変更された)
(解説は初版と同じ)

1曲目の「アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー」のイントロが始まった時は、
「この曲は一体何?」と、しばらく考えてしまった意外なオープニングだった。

「恋をするなら」は何度もビデオで見てきたビートルズの日本公演を
思い出しながら、「この曲が聴けるなんて・・・」と感慨深い1曲となった。

「ダークホース」ではバック・コーラスの女性2人が
馬に乗っている仕草をしているのが印象に残っている。

「ピッキーズ」はバック・スクリーンに豚のイラストが映し出されていたはずだが
おぼろげに覚えているだけで、どんなイラストだったかな~。

201311290003.jpg
(04年3月3日リマスターされてSACD仕様で発売された)

最後の「ロール・オーバー・ベートーヴェン」は、間奏のところでレイ・クーパーが
中心になって観客を盛り上げる演奏をしてくれたが、そのパートは初版、リマスター盤ともにカットされている。



解説を読むと89年リンゴ、90年ポール、91年ジョージと3年連続で日本でライヴをやってくれたことを
改めて思い出して、当時のビートルズ・ファンには幸せな時代だったと思う。

今年もリンゴとポールが来てくれたし、もしジョージも生きていたら来てくれたかもしれない。

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/631-9819ef60

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
11月18日 ポール東京公演(前半)
<< old
11月12日 ポール大阪公演
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する