続きはネットで・・・(?_?)

Home > 2007-06 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2007-06-08

ポールの作品がいよいよネット配信となりました。

レコードやCDで育った世代にとってはジャケットや歌詞カードを眺めながら視覚面も含めて音楽を聴くというのが楽しみだったのですが、それが音楽の入ったデータだけを購入して音楽を楽しむというやり方は従来の音楽ファンにどの程度受け止められるのでしょうか。

しかし、ポールの新作で一番驚いたのはCDのブックレットに掲載された歌詞は4曲分だけで、「残りの曲の歌詞を見たい方はネットでどうぞ」ということです。
「レッド・ローズ・スピードウェイ」以降の作品はおそらく全タイトルで歌詞が掲載されていたと思うのですが、それが今回で途切れてしまいました。

もちろんジャケットに歌詞を掲載するのはファン・サービスであって、アーティストの義務でも何でもないのですが、ネット配信ではなくてCDを買ったファンに対して「ネットで見てください」とは失礼ではないかと思います。
この点に対してはどうもポールらしさがないような気がして、レコード会社の方針にうまく踊らされてしまったのではないかと心配しています。

md188_0751.jpg

md188_0752.jpg

ポール自身は音楽に対してもそうですが、レコードの発売方法についても常に革新的な方法を模索していた(あるいはポール自身、楽しんでやっていた)ように感じますが、それが結果として良かったかどうかは別として、振り返ってみるとどうもポールの意思が空回り、あるいはやり過ぎたような気がしないでもありません。

70年代は各国に合わせたシングル・カット。
80年代は12インチ・シングルの乱発や「オール・ザ・ベスト」のような英米で違う選曲。
93年には「オフ・ザ・グラウンド」を当時まだ音楽ソフトとしては珍しかったMDフォーマットでいち早く発売。
その他にも、個々のレコードやCDを細かく見ると実際にはもっと複雑ですが、その発売形態についてもポールだからこそレコード会社も許してくれるようなものがいっぱい発売されました。

そんな中で、MDも最近ではデジタル・プレーヤーの人気に押されてその先行きもかなり怪しい状況で、MDソフトを買ったファンがそのMDを将来的には聴けなくなってしまう可能性もあります。

同じようにネット配信で購入した音楽ソフトは粗末に扱われたり、どこに保存したか忘れてしまっていつの間にか消却されてしまったり・・・
仮に100万枚売れてもレコードやCDのように形のあるものとして現存するものは少なくなってしまうのでしょうか?
md188_0755.jpg


デジタル時代になっても結局は一番古いフォーマットであるレコードが一番長生きしていくことになるような予感がします。

そうそう、肝心なニュー・アルバムの感想ですが、最初はどうもピンと来なかったです。
5日の購入から連日聴いて今日で4日目ですが徐々にポールらしさが伝わってきたというところで、もう少し時間をかけてじっくりと聴き込んでみます。
スポンサーサイト

Comment

jerry : 2007-06-09(Sat) 23:53 URL edit
てらださん、こんなMDもお持ちですか・・・凄いですね。 はじめて見ました。MD市場って何処の国が一番普及したんでしょうか。日本は、ほとんどの人が持っていると思うのですが、わざわざアルバムを「MDで買ったんだ」って話は聞いたことがありません(マライヤ・キャリーのMDは見たことはあります) 

70年代のポールは、LPで聴くに限ります、『Red Rose Speedway』は昨日聴きました。
中古市場でも、ポールのアルバム(LP)は、ほとんど300円前後で涙が出ます。

是非とも、若いファンには、アナログプレヤーを買って、LPで聴いてもらいたいです。

安い言っても、先日中古屋で『フレミング・パイ』のUK盤のアナログ(ダブルジャケでした)が2800円で売っていたんです。すご~く、欲しかったんですけど、見送りました。 1000円だったら、即買いでしたけど。

ポール、ロンドンでシークレットライヴしたそうですね、新譜から4曲やったそうです。
てらだ : 2007-06-10(Sun) 17:33 URL edit
jerryさん、どうもです。

私はMD世代ではないので自分で使ったことはないのですが、MDはたしか日本が一番普及していたように思います。
でも、その日本でもMDソフトはそれほどリリースされずに消えていったようです(ビートルズ関係はゼロ)。

ポールが出したMDは
「オフ・ザ・グラウンド」(日本にはあまり入荷しなかったみたいで買い損ねました)
「ワーキング・クラシカル」(買ってもどうせ聴かないだろうからと購入は見送り)
「ラン・デヴィル・ラン」(MDソフトも1枚はコレクションしておく必要があるだろう、ということで購入)
の3枚だけだったようですが、いづれもUK(EU)でのリリースだったと思います。

>300円前後で涙が出ます
中古レコードは本当に安くなりましたが、むしろその安さでアナログに接したことがないファンは手軽に楽しむことができると思います。
若いファンもアナログ・プレーヤーをぜひ買って60年代、70年代にタイム・スリップした気持ちで当時の音を楽しんでほしいですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/65-be40e99b

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
帯の価値
<< old
またまた廉価盤紹介です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する