輸入盤仕様

Home > 2007-06 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2007-06-10

今度のポールのCD(輸入盤)ではスペシャル・ブックレット仕様というのも出ているようです。
まだ実物を確認していないので何とも言えませんが単にブックレットを最初から折り曲げてあるだけのものであれば、わざわざカタログ番号まで変更して発売するなんてコレクター泣かせな事はやめてもらいたいものです。

通常盤でも後から折り曲げることが出来る訳だし、最初から曲げてある事に価値を見い出すのであればシールドのままで保管しておくべきでしかありません。

一方、同時発売の2枚組限定盤も買おうかと思ったものの7月発売予定の日本盤が輸入盤仕様になるようなので今買ってしまうと同じものが2セットになってしまうので日本盤を確認してからと考えています。
ただ、心配なのは限定盤という性格から日本盤の登場まで待っているとその間に輸入盤が売切れてしまう可能性もあってこのあたりの判断が難しいところ。

でも前作の2枚組がまだまだ売れ残っているので今回もすぐには売り切れないと踏んでいますが・・・

610.jpg

輸入盤仕様といえば過去に一番腹が立ったのは「ロックン・ロール・サーカス」でした。
このCDは輸入盤を先に買ったのですが、後から日本盤を手に取ると中身はそっくりそのまま輸入盤ではありませんか。
同じものを2枚持ちたくありませんでしたが、帯が欲しいためにしぶしぶ日本盤を購入。

同時に発売されたレーザー・ディスクも日本語字幕が入っていない手抜きで、それが分かっていれば最初から値段の安い輸入盤LDを買ったのですが、そんな事もあってせっかく陽の目を見た「ロックン・ロール・サーカス」ですが、私にとっては嫌な思い出の残る作品となってしまいました。

スポンサーサイト

Comment

てらだ : 2007-06-11(Mon) 20:11 URL edit
MASAさん、こんばんは。

>ここにカキコさせてもらうのはひょっとしてはじめてかな?
いえいえ、以前にもソロ・アルバムの所持枚数アンケートでしっかりご協力いただいています。
(ずいぶん前ですが・・・笑)

MASAさんのブログも拝見しました(あまりコメントしていませんが毎日のようにおじゃましています)。

限定盤はただ折り曲げてあるだけではないのですか~、ヒェ~、またまたポールのイタズラにお付き合いさせられてしまいそうで嬉しいやら悲しいやら。
てらだ : 2007-06-11(Mon) 23:20 URL edit
>なくならないうちに折り曲げブックレット版是非ゲットして下さい。

ハイッ、ありがとうございます。
あとで血眼で探し回らなくてもいいように早目にゲットしておきます。

しかし、慌てて買わなくてもいつでも好きなときに買って楽しめた時代に戻りたいなあ。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/67-fee9deb8

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
またひとつ消えていくフォーマット
<< old
帯の価値
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する