スポンサーサイト海賊盤LP 「ホット・アズ・ザ・サン」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2016-09 / ビートルズ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-28

IMG_8432r.jpg
前回の記事で紹介した「ライヴ・アット・シェア・スタジアム」の数年後に
購入したのがこのLP。

ジャケットはスリック・ジャケットで真っ白なブランク・ジャケットに
印刷された紙が添えられているだけ。(糊付けはされていない)

これも値段は少し高くて2700円くらいだったような記憶がある。



このLPをどうして買った(聴いてみたいと思った)のか理由は覚えていない。
たぶんハリウッド・ボウルの「抱きしめたい」と「恋におちたら」の2曲が
収録されていた事とケニー・エベレットのインタビューが収録されていた
事のどちらかの理由だったのだろう。

IMG_8435r.jpg
「ライヴ・アット・シェア・スタジアム」と同じレーベルからリリースされた
ものだと思うのだが、「海賊盤事典」で調べるとAdo Records
 (OG-593)がオリジナルみたいで、ここで紹介したものには
Ado Recordsの文字はなく、レコード番号もOG-852となっている。
レーベルに曲目は印刷されていない。




1曲目は映画「レット・イット・ビー」から「ユー・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー」。
この曲だけポツンと浮いたように収録されているのは今でも不可解。

2曲目はケニー・エベレットのインタビュー。
これは68年1月、「ホワイト・アルバム」制作中のアビー・ロード・スタジオを
訪れたケニー・エベレットのインタビュー。

このインタビューは愛読書だった「ビートルズの軌跡」シンコ・ミュージック刊に
対訳が掲載されていたので、これを読みながらよく聴いたものだった。

インタビューとはいってもメンバーが楽器を片手に爪弾きながらの会話で
即効で短い曲が聴けたり、おふざけもあったり楽しい内容で自分自身が
スタジオにいるかのような貴重な時間をバーチャルで体験できる音源だった。

ジョンが、インタビューの中で「今、LPが出来た、LPだぜ」
(LPが出来るくらいの曲が一気に頭の中で完成した)
というような会話もあって、さすがにそれは大袈裟だとは分かっていても、
次から次へとインスピレーションが涌いて短いながらもその場で歌に
してしまうのはスゴイなあと感心したものだった。

インタビュー音源といえば1回聴いて終わり、あるいは途中で
聴くのを止めてしまうという事が多いのだが、このインタビューだけは
何十回と聴いたものだった。

音質は少しこもったような印象をずっと持っていたが、
今回改めて聴いてみるとそれほどこもった印象はなかった。

ここでふと思ったのが、私自身50歳を過ぎて耳に聞こえる高い音の
レベルが落ちているために若い時に聴いてこもった音という印象が
和らいでいるのかもしれないと感じた。

80年代になってからテイチクから発売されたLP「ゴールデン・ビートルズ」に
このインタビューは収録されたが、帯の宣伝文句に即効で歌う
「ストロベリー・フィールズ」が聴けるというような事が書かれていたように
思ったが、私の友人がそれを楽しみにして「ゴールデン・ビートルズ」を聴いたら
「テキトーな演奏でガッカリした」というような感想をこぼしていた事を思い出す。

曲としてはあくまで断片的なものでしかないのでキチンとした曲として
期待してしまうとガッカリ度は高くなってしまう。

ちなみに、テイチク盤も海賊盤と同じくらいの音質だったと思う。

3曲目は日本でのE.H.エリックのインtビュー。

IMG_8437r.jpg
B面収録曲
1 抱きしめたい
2 ロール・オーヴァー・ヴェートベン
3 恋におちたら
4 ボーイズ
5 ア・ハード・デイズ・ナイト
6 ツイスト・アンド・シャウト

ジャケットには65年のオクラホマでのライヴと書かれているが
実際は64年のハリウッド・ボウル。

B面に移ってここでやっと「抱きしめたい」が聴けて感激したのはいうまでもない。
「恋におちたら」もジョンの曲紹介が印象的で、もちろんこちらも素晴らしかった。

音質は良好なモノラル。
曲順は異なるがこれで64年の「ハリウッド・ボウル」音源は全部聴くことができた。
今回の正式CD化で「抱きしめたい」が収録されたことにまずは感謝したい。






スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/712-50b1a7f3

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
海賊盤LP 「ツアー・イヤーズ」
<< old
海賊盤LP 「ライヴ・アット・シェア・スタジアム」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。