本 「ビートルズのデザイン地図」

Home > 2016-10 /  > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2016-10-06

001r_2016100620502953a.jpg
2016年9月4日発行
発行 東海教育研究所
1850円+税

ビートルズの音楽や楽器について書かれた本や写真集はたくさん発売されているが
アルバム・ジャケットとそのデザインについて書かれた本はほとんど無い中で
ジャケット・デザインという視点からビートルズを捉えたもので、多くのビートルズ本とは
違った視点からビートルズを捉えていて、デザインに興味がある私としては面白かった。

ただし、ビートルズやジャケット写真は一切なくて、すべて表紙と同じようなイラストで
構成されているので写真目当ての方には向きません。

中身の一部はこちらで読める → かもめアカデミー

ソロ・アルバム編も出してくれれば、ぜひ読んでみたい。
値段はもう少し安ければ、なお嬉しい(希望)

今年は来日50周年ということで中身の充実したビートルズ関連本が
次々と出版されて読むのが追いつかない状態ですが、この本は
いい意味でほっとしながら落ち着いて読むことが出来ました。



10月7日:追記

過去(30年くらい前?)にビートルズ・クラブの会報に書かれていたと思うが
およそ次のような内容だった。

「サージェント・ペパーズ」で世間に衝撃を与えたビートルズが
次に発売したアルバムのデザインに期待が膨らむ中でが真っ白だったのは、
これまた人を食ったようでビートルズらしい。

ただし、アメリカではその前に「マジカル・ミステリー・ツアー」が
発売されているのでその衝撃は伝わらなかった。

個人的には、当時のファンの衝撃度をたくさんの人に聞いてみたいところだが、
この事についてのファンの反応を書いた記事はほとんど目にしたことがない。

私がレコード店で初めてビートルズのLP棚を見ていた時に「ホワイト」を見て
「印刷ミスで真っ白になっている、店員さんに教えてあげないと・・・」
と本当に思ったものでした。
(結局、店員さんには言わなかったです)
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/715-79d9ddc8

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
<< old
映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する