スポンサーサイトCD 「ビートルマイナス・ワン スタンダード」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2017-02 / カバー > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-02-14

001r_20170214201705891.jpg
前回の記事で紹介したCD「バッドボーイズ」の「抱きしめたい」には
感動したけど、実はそれよりずいぶん前に「抱きしめたい」の演奏が
収録されているこのCDを聴いて歓喜していたのでした。

002r_20170214201707f96.jpg
発売は2011年11月30日、定価は税込み12600円とかなり
高価ですが、こちらの「スタンダード編」発売以前の2008年7月には
最初の「マイナス・ワン」となるセットが発売されていました。

2008年発売の最初のセットが発売された時から気になっていた
CDでしたが、「抱きしめたい」1曲のためにこのボックス・セットを
買うのはどうしようかと長い間迷っていたものの「スタンダード編」を
発売1年後の2012年12月に購入。

004r_201702142017029fd.jpg
(このCDの使い方についての説明)

さて、このCD収録の「抱きしめたい」は2010年ころの録音なので
私が探し求めていた「BBCザ・ビートルズ・ストーリー」に使われていた
演奏でないことは確実だけど、少しでも当時を思い出す演奏だったら
嬉しいなあ、という気持ちで購入。

その演奏はというと、これが嬉しいことに当時のラジオ番組のテーマに
使われていた演奏を思い出す雰囲気で、探し求めていた演奏と違うのは
明らかだけど、これだけ似ていれば十分という気持ちにさせてくれました。

005r_20170214201704326.jpg
(歌い方のポイントなどの解説)

それ以上にマイナス・ワンということでビートルズの同じ曲でも演奏や
コーラスが何パターンも収録されていて聴くだけでも楽しいアルバムと
なっています。

もちろんコピー・バンドをやっている人にとっては必聴のCDでは
ないでしょうか。

51mAAEswF2L__SX355_.jpg
(最初に発売されたこちらの「マイナス・ワン」は私の友人が
買って貸してくれました。嬉しかったです。)

現在はこれらのCDは入手が難しいかもしれませんが、
お勧めのセットです。




以下はCD紹介の記事より

ビートルズを歌いたいあなたに!ビートルズ・カラオケの決定版、遂に登場!!
巷にあるカラオケ・ボックスでは決して満たされない切実な団塊世代の悩み。
ジョンのつもりで歌おうと思うのにポールがいない!
ポールになりたいけどジョン役がいない!
3パートでハモりたいのに他の二人がいない!
楽器を弾きながら歌ってみたい!

以上の悩みをすべて解決する壮大なCDボックスがこれ!!
様々なマイナス・ワン・トラックをたくさん用意しました。
ジョンにもポールにもジョージにもなれる究極のバッキング・トラック、以下にあげるタイトルを始めとする30曲、145トラックをCD6枚に収録! こんなことはありませんでしたか?
カラオケ・ボックスであの有名な「抱きしめたい」をリクエストして入れて、さあ歌おうと、カラオケ演奏が始まってはみたけどジョンのパートかポールのパートか、どっちを歌っていいのかわからない。
とりあえず、ジョンに決めて歌い始めてみたもののポールのパートがいないから、歌そのものが何だかしまらない。
友人が「じゃあ僕が、、、」と言ってポールのパートを歌ってくれているつもりなのだ、正確なメロディを知らないので、ハモリもしないし、かえって邪魔になってしまう。

そう、これってよくみかける光景ですね。
結果的にビートルズはカラオケで歌うには条件が厳しすぎると敬遠されてしまっていたのがこれまででしたが、このCDがあればもう大丈夫です。
「抱きしめたい」や「シー・ラヴズ・ユー」「プリーズ・プリーズ・ミー」から「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」「オール・マイ・ラヴィング」「涙の乗車券」「ひとりぼっちのあいつ」「恋に落ちたら」「アイ・フィール・ファイン」「ジス・ボーイ」などなどハモらないと気がすまない曲をはじめとして、もちろんソロで歌って気持ちの良い「ゲット・バック」「レット・イット・ビー」「イエスタデイ」「アンド・ラヴ・ハー」などたくさん用意しました。

演奏は限りなくビートルズにそっくりなものをご用意!もちろんオリジナル音源は使用できませんが、今日本で一番熱くビートルズの曲が聴けるビートルズ専門ライブ・ハウス、東京・六本木「キャヴァンクラブ」出演メンバーの中からピックアップした名うてのミュージシャンが演奏、もう限りなくビートルズです。



スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/721-d5bf5b93

A Collection of Beatles | Page Top▲

<< old
CD「ウィズアウト・ザ・ビートルズ」ザ・バッド・ボーイズ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。