カー・ステレオ

Home > 2007-08 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2007-08-12

カーステレオといえば大半の人が毎日の通勤や買い物に行くときは必ず聴いているのではないでしょうか?
昔から音にはウルサイつもりだったのでスピーカーはもちろんですがヘッド・ユニットにもそこそこ値段の高いものを使用してきました(といっても7,8万くらい)。

カーステレオの取り付けはすべて自分でやっていたので車を買い換えたときもそのまま乗せ買えて使いましたが、振り返ってみるとそれらの高価なヘッド・ユニットも実際のところ、まともに使えたのは7年前後、やはりホーム・オーディオとは違って車の中は過酷な条件がそろっているのでそれ位の年数が経つとどこかが故障してしまいます。

CDチェンジャーはすでに2台故障(いづれも使用3~5年)、修理も1~2万円というので下手に修理しているよりはその時点で最新機器を買った方が結局はお得という事で買い替え。

スーパー・ウーハーも取り付けていたので配線やら設置場所でかなり頭を悩ませますが、車の買い替えは嬉しい反面、オーディオの載せ替えを考えると頭痛のタネ。
ヘッド・ユニットの背面部にはコードが束になってしまうので車種によってはヘッド・ユニットがすんなりと収まらず、使わないコードはたとえ1本でも取り外して数ミリの隙間を確保して収めます。

5年ほど前に買ったヘッド・ユニットは周囲の騒音レベルに対して自動的に音量や音質を変化させて常に一定のレベルで音楽を聴けるというので買ったのですがなんと1ヶ月ほどでその機能が故障。また一苦労して取り外して修理に出したものの「故障箇所が特定できないので見込みで集音マイクを交換しました」ということでしたが心配していた通り直っていません。

また、取り外して修理に持っていくのもウンザリだったので結局そのまま我慢して使いつづけました。

このヘッド・ユニットはCDの交換に全面パネルを開閉させなければならないのですが、使用3年目あたりから電動パネルが時々開かなくなったり、ディスプレイの表示が写らなくなったりで困っていました。

この機種の場合はディスプレイを見ながら様々な調整や設定をするようになっているので、その表示がされないと今現在どのような設定になっているのかチンプンカンプン。

100_07901.jpg

(↑ パネルの表示が写らず目隠し状態では細かい調整はさっぱり出来ません)


ということでそろそろ買い直しを検討していたのですが、過去の経験からヘッド・ユニットに求める最低限の条件は・・・(ただし取り付けスペースの関係で今まで使ってきたのはすべて1DINサイズのみ)

1.CDの出し入れがダイレクトにできること(前面パネルの開閉不要)。
2.ラジオの選曲が1発でできるように選曲ボタンが6つ並んでいること(最近の一部の機種はこの6つの選曲ボタンがない)。

この条件で探すと意外なことに安価な機種ばかりですが、結局は高級機を買っても使わない機能も多いので思い切って一番安い機種を購入。(一番安くても買うかやめるか悩んでいる自分が悲しい?)

100_07931.jpg


この機種は市場価格1万円ほどで購入。
現在の車になってからはスペースの関係もあってスーパー・ウーハーやCDチェンジャーを使わなくなったので余分な配線の必要もなく背面もスッキリしていて取り付けは楽なもの。

肝心な音ですが今現在乗っている車はエンジン音がウルサイので音質がどうのこうのというレベルでは無いのでこれで大満足(笑)。
たぶん、以前に使っていたものと比べてもそれほど差がないように思います。

続く・・・
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/87-91d63547

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
カーステレオとWMA
<< old
今週末は・・・
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する