スポンサーサイトカーステレオとWMA

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-08 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-13

不調とはいえ必要最低限の操作はできたので我慢して使い続けてきたヘッド・ユニットですが、便利だったのはWMAが再生できることでした。

ただCDファイルの作り方がよく分からずに1年ほどは宝の持ち腐れ状態だったのですが、せっかくだから何とか使ってみたいと思い、なんとかWMA用のCD作成ができました。
圧縮音源としてはMP3とWMAのどちらでも良かったのですが、理論上はWMAの方が高音質ということなので最初からWMAだけを使うことにしました。
812.jpg

(↑ パスト・マスターズまでの15枚+自作のオールディーズ+ソング・トラック+ネイキッドの18枚分を収録)


100_08021.jpg

(↑ 最初の頃はレーベル面も印刷していましたが途中から手書き。黒いケースにCDを入れて車の中へ。)

これは使ってみると最高に便利でビートルズのアルバム18枚分を1枚のCDに収録しましたが、1枚のCDーRに通常のCD15~20枚分くらいがすんなりと収まってしまうのですから、CD-Rを作るのが面白くて手持ちのCDでクルマで聴きそうなタイトルは片っ端からCD-Rにしました。

普段(特にクルマの中で)はほとんど聴くことがなかったCDシングルもCD-Rにまとめて収録しておくことで聴く機会もぐっと増えました。

20枚ほど作成しましたが、通常のCDに換算すると300~400枚分に相当、しかも大切なCDをクルマの中に持ち込まなくて済むのでCDチェンジャーの必然性も薄れていき徐々に使わなくなりました。

音質はクルマで聴いている限りはほとんどの人に違いは分からないレベルだと思います。

最初の頃は気が付かなかったのですが、ネットにつないだ状態でファイルを作成すると自動的にアルバム・タイトルや曲目が記録されるのでディスプレイ対応の機種で再生すると曲目などの情報が表示されることです。

普段聴いている曲でも有名な曲以外は曲名を知らないことが多いので、これは嬉しい機能です。

以前は3,4万円以上の機種でないとWMA再生やディスプレイ表示には対応していなかったのですが、私の買ったメーカーでは一番安い機種でもそれらに対応しているのが嬉しいところ。

ところで約2年前にパソコンを買い換えたのですが、今までと同じようにCD-Rを作成したにもかかわらずカーステレオで再生できません。
試しにカミさんのクルマのカーステレオ(3年くらい前に発売された機種)でも再生ができません。

ところが、家で使っているプレーヤー(1年位前に購入)では新しいパソコンで作成したCD-Rがすんなり再生できます。
それぞれの使用説明書には詳細が書かれていないのですが、色々調べてみるとカーステレオは「WMAのバージョン7まで対応」となっています。

一方、最新のカーステレオ・カタログを見ると「バージョン10まで対応」となっているので、このバージョンの違いが再生ができない理由ではないかと考えていました。
そこで、新しく買い換えたカーステレオに今まで再生できなかったCD-Rを入れてみると正常に再生してくれました。

817.jpg


(↑ やっと聴くことができます。もちろんタイトルは手書き)

しかし、パソコンのさまざまな機能がバージョン・アップしていくのはいいのですが、こうやって古い機種(といっても5年ほど)では対応できないというのも困ったものです。

現在WMAはバージョン11のダウンロードが可能ですが、またこんな事になると困るのでバージョン・アップはやめておきます。

続く・・・
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/88-5c869a9c

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
WMAと曲間
<< old
カー・ステレオ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。