スポンサーサイトニルソン

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-09 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-03

お断り:今回のブログ記事は内容がバラバラです。

ニルソンの作品で私が所持しているのは、デビュー・アルバム以外では「プシー・キャッツ」以降のジョン、ジョージ、リンゴが参加した作品ばかりなのですが、個人的な感想としてはいずれも内容的にはどうもピンと来ません。

902.jpg

(95年発売の初版、ボーナス・トラックは無し)

CDのブックレットに書かれている小倉エージさんの解説を読んでも、ニルソンは第1期ともいうべき「ニューマン・シングス」までが良かった・・・というような事が書かれているのですが、一番評価の高い時期のアルバムを聴いたことが無い私には、どうもニルソンという人の魅力が良く分からないままでいます。

903.jpg

(4曲のボーナス・トラックが入った25周年記念盤)

そういえば、この人の動く映像って見たことがないですけど音楽番組の出演とかなかったのでしょうか?
ドラキュラ映画に主演しているので、この映画はぜひ見てみたいのですけどオクラ入りしたのだったかなあ?
904.jpg


私が小学生の頃はイギリスのハマー・プロが製作したドラキュラやフランケンシュタイン映画が大好きで、テレビで放送されれば必ず見ていましたけど、アップル製作の「ドラキュラ」もサントラ盤のジャケット写真を見る限りではハマー・プロの雰囲気が十分出ているみたいなので、これはぜひ見てみたいです。

今回再発される「プシー・キャッツ」はボーナス・トラックが25周年盤とは一部違っている(1曲追加?)ようですが、ボーナス・トラックの曲を入れ替える(あるいは追加)っていうのは困りものです。
すでに旧盤を買ったファンには買いなおしはちょっと厳しいですから、こういうのってやはりキチンと統一するべきじゃないでしょうか。
初CD化のタイトルにボーナス・トラックとして入れるとか、もうちょっと考慮して欲しいところです。

905.jpg


ニルソンのトリビュート盤に収録されているリンゴとスティービー・ニックスが歌う「レイ・ダウン・ユア・アームズ」はカリプソ・ムード溢れる二人の歌声がこの曲によくマッチしています。

この曲はリンゴの日本公演で開演前のBGMとしてリンゴの曲に混じって会場で流されていましたけど、気付いていた人はどれくらいいたのでしょうか。
まあ、どうでもいい事ですが・・・。

ブライアン・ウィルソンの歌う「ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト」っていう曲、てっきりオリジナルはビーチ・ボーイズだと思っていましたが、ビーチ・ボーイズ以上にビーチ・ボーイズ的な作品ではありませんか。
この曲ってどこかで聴いたことがあるけど、ビーチ・ボーイズもカバーして歌っていたのだったかな~。
スポンサーサイト

Comment

遼(parlophone) : 2007-09-04(Tue) 00:08 URL edit
こんばんは~。
ニルソンはもし興味があれば、2nd の『空中バレー』か、3rdの『ニルソンの肖像』を聴いてみてください。
じつに美しい世界です。
きっと気に入ると思いますけれど…^^
てらだ : 2007-09-05(Wed) 13:52 URL edit
遼さん、こんばんは。

この2枚は本当にいいみたいですね。
私のニルソンに対する今までの印象を一掃するだけの価値がありそうなので
近いうちに入手したいと思っています。

1回聴いて気に入ると、また後期の作品も違った印象で受け止めることができて
楽しめるかもしれませんし・・・。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/99-7298aceb

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ブラインドマン
<< old
捜し求めていた曲
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。